BLINK高速レーザセンサー

BLINK-FR 高速応答レーザセンサー

OEMおよび実験用途向けに設計された高速応答レーザセンサー

BLINK-FRセンサーは独自の技術に基づいて、90ミリ秒(標準)の自然応答時間を実現しながら、広帯域のスペクトル範囲、パワー密度機能、および最大60 Wのサーモパイル検出器と同等の機能を持っています。

ビームポインティング安定性、高速ドリフト、出力不安定性などのいくつかの現象は、検出器が非常に迅速に応答する場合にのみ監視できるため、応答時間はより高速な応答が必要なレーザパワーメーターの重要なパラメーターです。 ただし、検出器が高速の場合、すべての光検出器に共通なように高出力に耐えることができません。逆に、検出器が高出力に耐えることができる場合は、応答速度は遅くなります(サーモパイルセンサーまたはペルチェ素子の場合)。
        
          立ち上がり時間の比較: Blinkセンサーと従来のサーモパイルセンサー

フォトダイオードの光検出器は、1ns未満のパルスに応答できます。 わずか数ミリワットの直接レーザパワーに耐えることしかできず、高速応答の利点は、ほとんどのアプリケーションで、応答時間を0.1?0.2秒に抑える標準的な読み出し電子回路によって損なわれます。

サーモパイル検出器は本質的に低速です。自然応答時間は、最大定格パワーに応じて1秒以上から数十秒の範囲です。 これらの自然応答時間は、電子回路と高速化アルゴリズムによって短縮できますが、800ms-1秒よりも短くすることはできません。これは、非常に低出力のヘッドの場合のみです。 BLINKFRセンサーは、サーモパイルセンサーとは異なり、90ミリ秒(標準)までの未到達(追加の電子機器による加速なし)の自然応答時間を提供します。 これは、以前は不可能だった多くのアプリケーションへの道を開くため、レーザパワー測定を変える機能です。


注文方法:

Plus2およびPC-LinkメーターへのDB15ヘッド接続のオプションなしで注文コードを選択します。
USB接続(PC-PLUGシリーズ)の注文コードに接続オプション「U」を追加します。
RS-232接続(PC-PLUGシリーズ)の注文コードに接続オプション「R」を追加します。

型 番 パワー域 エネルギー域 有効開口域 スペクトル域 冷却方法 接続性
BL-W-50W-16-K 30mW - 50W 20mJ ? 5J 16 x 16mm 0.2 ? 25 μm 水冷 DB15